英会話とFXが同時に学べる!

FXと英会話を同時に学べる学校が誕生!

  当校の奨めるFXとは?

 

 

当スクールは「ゆったりFX」を薦めています。「ゆったりFX」の特長は以下の通りです。

 

「日足」チャートを見る時間帯を決め、チャンスがあるかないかを10分で判断する

 

 

当スクールでは、受講生に1日の決まった時間帯に「日足」チャートを見て、次の判断をしてもらっています。

 

1,チャンス→ 成り行き売買する、もしくは 自動注文を入れる。

2,様子見 →その日はチャートをあまり見ない。

 

当スクールでは、「日足」の発する情報を短時間の内に「正確」に読めるようになる講義をしています。

 

ポジションをとった後、チャートはあまり見ず、後は「相場に任せる。」

 
当スクールで教えるFXは、チャートを見る時間を極力すくなくしています。

 

もちろん、全然 見ないわけではありませんが、見る機会を限定しています。

 

基本は、「ポジションをとる前」と「勝ち負けが決まった後」です。

 

ポジションをとる際は、ロスカットと利益確定を「自動発注」にし、とった後はチャートはあまり見ません。

 

ポジションをとった後でもまったく見ないわけではありませんが、チャートは主にポジションを持つ前に

 

「シナリオ作り」をするためと、勝ち負けが決まった後の「勝敗の検証をする」ためにチャートを見ます。

 

FXをやっている方は、「ポジション」をもっている時が最も重要→ずっとチャートを見続ける必要がある、

 

と考えている方も多いと思います。

 

確かに、瞬間的な状況判断が問われる1分足・5分足などの「スキャルピング」などの手法では、

 

「チャートを見続ける必要」があるかもしれません。ですが、当校は「日足」でトレードしているので、

 

瞬間的な状況判断を必要としません。

 

ただ、「ポジションをもっている時にチャートを見ないと不安になる」という方もいるかもしれません。

 

当校では、「ポジションを持ち続けられる」考え方も併せて、講義しています。

 

1回のポジションでの利益最大化+ロスカット100%=50%の勝率でもプラスにする。

当校は「日足」で利益を大きくできるようなチャートの見方、ロスカット・利益確定の仕方の講義をしています。

 

1回の勝ちで利益を大きくし、一方では、ポジションを取る前に「決めた」ロスカットを100%実施することで、

 

難しい相場でも勝率50%で継続的に利益が出る考え方を教えています。

 

収益判断を月→年にし、あせってトレードしない。

当スクールでの収益判断は、日、週ではなく、月→年でやっています。

 

為替相場は、動かない相場のほうが多いので、日・週で利益を出そうとすると、難しい場合があります。
 
その場合、あせってトレードしようとすると上手くいかない場合が多いです。

 

「あせってトレードする」→「良いエントリーポイントではないのにやってしまう」からです。ですが、収益の判断を
 
低でも月で考えれば、動かない相場であっても、雇用統計などのイベント前・後で相場は動きますので、
 
自然と益のチャンスが発生します。

 

よくわからない相場はやらない。

 

 

当スクールでは、よくわからない相場は「やらない」をこころがけています。「よくわからない相場=自分の勝ち
 
パターン」がない」ですので、負けの可能性が高くなるからです。

 

体調が悪いときや、悩みがある時はトレードをやめる。

 

 

上記の状態にあるときは、トレードしないように推奨しています。なぜかというと、「ネガティブな心」の状態が
 
トレードに反映され、負ける場合が多いからです。

 

  当スクールの講義の良さ

少人数制の講義

 

 

1回の講義は、5人上限としています。講義では、参加する受講生全員のトレードデータを事前に講師に送付を

 

してもらいます。全員のトレードデータを講師が検証し、共通の課題になりそうな個々のトレードを取りあげます。

 

課題を参加する受講生全員がシェアでき、自分のトレードの良い点・悪い点も見えてきます。

 

 

 

一人一人のフォロー

受講生全員に対し、トレードデータを元にした レベルアップのための進捗管理シートを作成し、受講生のパフォ

 

ーマンスを上げる指導を随時 実施しています。通貨量を上げていくタイミングなども、勝率を把握しながら アド

 

バイスしています。

 

 

仕事にも良い影響を与える、継続的に利益を上げていくための「思考・心理面」も教える。

 

 

継続的に利益を上げていくためには、テクニカル分析だけでなく、「思考・心理面」をトレード向きにする必要があり

 

ます。

 

例えば、「1回勝つ事」と「勝ち続ける」事には大きな開きがあります。トレードで資産を築くには,「1回勝つ事」<

 

「勝ち続ける事」に重きを置く必要があり、「勝ち続ける」事においては、「負けも勝ちの一部」になります。

 

 当校はそのような、一般の日常環境からは学びにくい「勝ち続ける」l事において必要な「思考や心理面」も教えて

 

います。

 

このような「勝ち続ける思考や心理面」をマスターすると、日常生活や仕事にも大きな良い影響が表れます。

 

例えば、イライラする事が少なくなり、また 落ち込んでもすぐに立ち直るような気持ちの持ち方になる事ができます。 

 

(4) 明確な目標設定をする

 

FXをやっている方で、「昨日、何pips獲った」事を声高に言っている人も多いと思います。
 

ですが、 その場合、「300pips獲った」と言っても「デモトレード」で獲ったという話もちらほら 聞いてきました。
 

この場合、「FXで稼いだお金で何がしたいのか? ⇒ そのお金を稼ぐためには、どのくらいの資金が必要で、
 

どのくらいのpipsを獲ればよいのか?」という現実的な課題が抜けている場合がほとんどです。
 

FXはあくまで「お金を稼ぐ」スキルであるので、お金をかけていないデモトレードは、勝つための「練習」に過ぎ
 

ません。
 

当校では、「なぜFXでお金を稼ぎたいと思うのか?」、「そのお金で何をしたいのか?」をコースの最初の段階
 

で受講生に考えて頂き、「どのくらいの資金量・期間でどのくらいのお金を稼ぎたいのか」の明確な目標設定を

 

します。

 

(5) FXだけでなく、マネー一般や心理学も学べる

 

 

当スクールでは、通常の講義でカバーしきれない ファンダメンタルやトレード心理学、またマネー一般、他の投

 

資(不動産など)などの幅広いテーマを月1回の「フォローアップセミナー」で取り上げています。

 

  当スクールの学習カリキュラム

FXじっくりコース

FXじっくりコース : FXでちゃんと稼ぎたい、資産をつくっていきたいという方にお奨めのコースです。「稼ぐ事の

 

出来る」ようになるまで、じっくりとフォローします。ベーシック・アドバンスコース含め、全24回 2年間有効のチケッ

 

ト制になります。

 

入校時−個別面談  

1年後の目標を設定します。

ベーシックコース 

FXの経済指標の読み方、発注方法から始め、デモトレードを使用してFXの「勝ち方」を学びます。
講師側の判断で、アドバンスコースへの移行時期を決めます。受講の平均回数は4〜5回です。

アドバンスコース 

リアルトレードで、「思考・精神面」の強化を図り、FXで実際に「稼ぐ」事ができる方法・考え方を学びます。

 

FX入門コース

FX入門コース:FXを始めるにあたっての基本的な事(FXの仕組みやFX会社の選び方、手数料など)から、当校の
 
チャート分析の方法やファンダメンタルの考え方などの実践的な内容も含みます。このコースの特長は、回数無
 
制限という事です。
 
ちゃんと理解するまで何度でも受講できますので、お忙しい方や、また自分の理解度を確認しながら受講したいと
 
いう人にぴったりのコースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP FX 英会話 会社概要 Access お問い合わせ 受講生の声